「 p2004jpの記事 」 一覧

no image

ショックだった体験談

ショックだった1通のメール

ショックだった1通のメール 僕自身、大学を卒業して、社会人も10年以上経験し、 その当時大好きだった彼女と付き合い始めて1ヶ月ほどたったある日、僕の携帯に1通のメールが届いた。 誰からのメールかというと、彼女を紹介してくれた知人のおばちゃんからだった。 以下がそのメール。 全文を紹介します。 個人情報については修正してありますが読んでみてください。 件名:お願い事 受信トレイ ******@docomo.ne.jp 2013/06/19 To ********@ezweb.ne.jp ◆◆くんへ 昨晩は、素晴らしいお花を、有難うございました[絵文字] 感謝申し上げます[絵文字] 今日は、台風の ...

no image

症状別歯磨き粉の選び方

【症状別歯磨き粉の選び方】歯周病予防|歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉

症状別歯磨き粉の選び方 すぐにでも歯周病の症状をやわらげたい 総合的に歯周病の症状をやわらげたいと思うのであれば以下の成分が入っている歯磨き粉がおすすめです 塩化ナトリウム:歯ぐきを引き締める成分 β-グリチルリチン酸:炎症を抑える成分 クロルヘキシジン:殺菌成分 歯ぐきからの出血がある トラネキサム酸:殺菌作用と抗炎症作用によって歯ぐきをしっかりとケアしてくれます。 口臭がする カテキン、フラボノイド:抗菌作用成分が細菌が増えるのを抑え、消臭効果が口臭をふせいでくれます。 歯ぐきの腫れをおさえたい トラネキサム酸:歯ぐきの腫れや出血を抑える抗炎症成分です。 アラントイン:歯ぐきの細胞の活性化 ...

no image

歯磨き粉の成分

【歯磨き粉の成分について】歯周病予防|歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉

歯磨き粉の成分 歯磨き粉には必ず【基本的な成分】と【薬用成分】が入っています。 ここでは、歯周病予防や歯周炎(歯槽膿漏)予防の成分以外にも、どのような成分がどんな症状に効果があるかを見て見ましょう。 歯磨き粉の基本的な成分 研磨剤 歯の表面の汚れをとる成分 リン酸水素カルシウム、炭酸カルシウム、無水ケイ酸、水酸化アルミニウム 湿潤剤:潤いを与える成分 グリセリン、ソルビトール 発泡剤 泡立ち成分 ラウリル硫酸ナトリウム 粘結剤 いろいろな成分をまとまりやすくするもの アルギン酸ナトリウム、カルボキシメチルセルロスナトリウム、カラギーナン 香味剤 香り成分 メントール、ミント類、サッカリンナトリ ...

no image

歯周病体の影響

【歯周病による体の影響】歯周病予防|歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉

口腔内から血流に乗った歯周病菌は体のどこに運ばれていくのでしょう? 全身を流れている血液に乗って、心臓や肺、子宮など、重要な臓器に悪影響を与えることもあります。 歯周病が体の影響に及ぼすもの 心臓疾患 心臓の弁やその周囲に感染し、炎症を起こすこともある。 重度の歯周病になると狭心症や心筋梗塞の発想リスクが高くなります。 低体重児出産 重度の歯周病にかかっている母親は、健康な母親に比べて低体重児出産の確率が高くなるといわれています。 低体重児出産とは、体重2500グラム未満の赤ちゃんを出産すること。 血液の中にある炎症物質が陣痛促進剤の役割を果たすため、早産や低体重児出産が多くなる。 糖尿病の悪 ...

no image

歯周病症状悪化の原因

【歯周病症状悪化の原因】歯周病予防|歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉

歯周病症状を悪化させる原因 普段の生活の中には歯周病を悪化させてしまういろいろな原因が潜んでいます。 喫煙 タバコの煙には多くの有害物質が含まれています。 歯ぐきの血行不良をおこしたり、免疫細胞の動きを鈍くします。 それにより歯周病菌に対しての抵抗力が弱くなり、歯周病の悪化につながってしまいます。 ストレス 緊張やストレスが長期間続くことで免疫力が低下することがあります。 それにより歯周病菌に対しての抵抗力が弱くなり、歯周病の悪化につながってしまいます。 食生活 糖分や塩分を多く含んでいるカロリーの高い食事や不規則な食生活は、歯周病悪化につながる糖尿病などの原因になります。 バランスの良い食生 ...

no image

歯周病の症状

【歯周病の症状は?】歯周病予防|歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉

歯周病の症状について 歯を磨かなかたりすると、歯と歯ぐきの間に歯垢(プラーク)がたまり、炎症を起こします。そして歯周病にかかるのです。 では歯周病にかかったらどんな症状が出てくるのでしょう? 歯ぐきの腫れ・少量の出血 歯ぐきの腫れ・少量の出血があります。 これは歯周病の初期段階の歯肉炎の場合に多くある症状。痛みは感じないことがほとんどです。 歯がグラグラする・噛むと痛む 歯がグラグラしたり、噛むと痛いことがわかるようになります。 これは歯肉炎が進行し歯周炎(歯槽膿漏)になっている症状。 日常的に歯ぐきの腫れがあります。 口臭がわかる・うみのような出血 口臭したり、それが自分でわかったりします。 ...

no image

歯周病と歯槽膿漏のちがい

【歯周病と歯槽膿漏のちがい】歯周病予防|歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉

歯周病と歯槽膿漏とは 結論からいうと 歯槽膿漏とは、いまで言うところの歯周炎にあたります。 歯周炎は、歯周病のなかの分類の一つです。 ですので歯周病は歯肉炎と歯周炎に分かれます。 この歯周炎のことを昔は歯槽膿漏といったのです。 歯周炎(歯槽膿漏)とはどんな症状なのか 歯周炎(歯槽膿漏)とは歯肉炎の症状が進行した症状のことを言います。 歯肉炎が進行して歯の根元の部分まで炎症が起こってしまった状態です。 歯ぐきからの出血があり、うみが出たり、歯がグラグラするとった症状で段階的に進行します。 しまいには歯が抜けてしまいます。 ただし、なかには、痛みや出血もなく、見た目にはわからない状態で進行する歯周 ...

Copyright© 15年間歯医者拒否した僕が歯周病予防・歯槽膿漏におすすめする歯磨き粉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.