【歯周病の症状は?】歯周病予防|歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉

投稿日:

歯周病の症状について

歯を磨かなかたりすると、歯と歯ぐきの間に歯垢(プラーク)がたまり、炎症を起こします。そして歯周病にかかるのです。
では歯周病にかかったらどんな症状が出てくるのでしょう?

歯ぐきの腫れ・少量の出血

歯ぐきの腫れ・少量の出血があります。
これは歯周病の初期段階の歯肉炎の場合に多くある症状。痛みは感じないことがほとんどです。

歯がグラグラする・噛むと痛む

歯がグラグラしたり、噛むと痛いことがわかるようになります。
これは歯肉炎が進行し歯周炎(歯槽膿漏)になっている症状。
日常的に歯ぐきの腫れがあります。

口臭がわかる・うみのような出血

口臭したり、それが自分でわかったりします。また、うみや出血がでてきて嫌なニオイがします。
これは歯周炎(歯槽膿漏)がかなり進行した状態に出る症状。
急に歯ぐきが腫れたり、歯ぐきに痛みを感じるようになる。

歯が長くなったように見える

歯が長くなったように見えてきます。
これも歯周炎(歯槽膿漏)がかなり進行した状態に出る症状。
歯周ポケットが深くなっていて歯ぐきが下がっている状態です。
歯が長くなったのではなく、歯ぐきが下がったのです。

歯のすき間が広くなった

歯と歯の間が広くなった気がする場合も歯周病の症状です。
これは歯周炎(歯槽膿漏)が進行してきていて、歯ぐきが下がるため結果的に歯と歯の間に空間が多きくできてしまう症状。
そのほか、歯と歯の間の広がりの原因は高齢によるものもあげられます。
加齢によって歯ぐきが痩せて下がってきてしまいます。

以上が歯周病による主な症状です。

おすすめの通販歯磨き粉ランキングはこちら

 

 

★運営者情報・プライバシーポリシー★

Copyright© 15年間歯医者拒否した僕が歯周病予防・歯槽膿漏におすすめする歯磨き粉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.