【歯周病による歯の痛みは?】歯周病予防|歯槽膿漏におすすめの歯磨き粉

投稿日:

歯周病は歯が痛くなるの?

歯周病が原因で歯が痛むという症状について紹介します。

歯周病による歯の痛みには段階があります。

冷たい水がしみる

最初は冷たい水がしみるという痛みが出てきます。
食事のときに水を飲むと歯がキーンとしみて痛みます。

温かいお湯もしみる

その後、歯周病が進行すると、今度は熱いお湯もしみて痛みます。
はじめは、冷たい水がしみるから、お湯やお茶などを飲むようにする場合が多いですが、次の段階では温かいお湯でもズーンというかドーンというような低音な感じの痛みが出るようになります。

歯が浮いて、噛むと痛い、歯が動くと痛い、たたくと痛い

さらに症状が進行すると、歯が浮いてきて、歯が動くと痛い、噛むと痛い、たたくと痛い、などの痛みが出てきます。
この段階では、歯も痛むし、歯ぐきも痛みます。虫歯の痛みとは少し違います。歯と歯ぐきが痛みます。
物を噛むと痛みます。下を向いたりすると心臓の脈とどうじにズキンズキンと痛みます。
歯ぐきの根元の部分もいたみが出てきます。

夜も眠れないくらい痛む

最後は夜も眠れないくらいズキズキと痛みます。
前触れもなくズキズキと痛みが出てきます。頭に近い部分ですので寝るのもつらくなります。
寝ればなんとかなるだろうと思う人も入るかもしれませんが、眠れません。
横になっても苦痛で、何度も寝返りをうったり、起き上がって座って様子を見たりいろいろとします。
そのうちに痛みになれるというか、少し痛みが治まったときにやっとまどろんだ眠りができます。

神経が死んで痛くなくなる

夜も眠れないくらいの痛みでも歯医者さんで治療しないでいるとどうなるかというと、歯の神経が菌にやられてしまい神経が死んでしまいます。
歯の神経が死ぬと痛みはなくなるが、そのかわり歯の根元の神経の部分に膿がたまり、歯ぐきの痛みがでてくる。腫れもでてくる症状になる。
歯は痛くないのに歯ぐきは腫れたり痛むのです。

その後最終的には歯がグラグラとして抜けてしまうことがほとんどです。

歯周病による痛みの段階については以上です。

おすすめの通販歯磨き粉ランキングはこちら

 

 

★運営者情報・プライバシーポリシー★

Copyright© 15年間歯医者拒否した僕が歯周病予防・歯槽膿漏におすすめする歯磨き粉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.